海外でホットな赤ちゃんの名前【2017年の傾向】


赤ちゃんの名前に関する情報を紹介するNameberryという海外のサイトがあるのですが、先日Hottest Baby Names of 2017という記事があがっているのを見つけました。

その記事によると、2017年に人気が出ている赤ちゃんの名前の傾向は、2016年とは大きく変わってきているようで、おもしろいなと思ったので、今日はどのような傾向の変化が起きているのか、ちょっと紹介してみたいと思います。

はじめに

この記事で紹介されているデータは、「2016年1月と比べ、2017年1月に最も検索数が上昇した赤ちゃんの名前(= Hottest baby names)」をベースにしています。なので、実際にその名前が命名されたかどうかは定かではありません。また全体の検索数のランキングとも異なりますが、赤ちゃんの名前の人気の傾向を知るための情報のひとつといえるでしょう。

2017年にホットな名前の傾向

昨年(2016年)ホットだった名前と比べると、今年は下記のような違いが見られるようです。1つずつ紹介してみます。

この文字で始まる名前が人気

2017年は、男の子はCK、女の子はR、またどちらの性別でもSで始まる名前の検索数が上昇しています。
また昨年のホットな名前は、女の子で4割、男の子の半分以上が母音(a, i, u, e, o)で始まっていましたが、2017年はこの傾向が弱まっているようです。

中性的な名前の人気が低下気味

昨年と比べると、中性的な名前は人気が落ち着いているようです。
なお両性で使える名前で検索数が上昇しているのは、

1位:Quincy(クインシー;1.71倍)
2位:Remi(レミ;1.68倍)
3位:Winter(ウィンター;1.59倍)
4位:Ellis(エリス;1.53倍)

だそうです。

グローバルな名前の増加

2017年に最もホットな名前は世界各国から流入しているようです。
例えばロシアのTatjana(タチアナ)やNatasha(ナターシャ)、ペルシャのAlizeh、フランスのLucien(ルシアン)やMarcel(マルセル)、ハワイのKoa(コア)が挙げられています。

ポップカルチャーからの影響

やはりテレビや映画からの影響は大きいようで、ディズニー映画『モアナと伝説の海』のヒロインであるMoana(モアナ)や、芸能人のSutton Foster(サットン・フォスター)、またテレビドラマのゴシップガールで一躍人気となったBlake LivelyとRyan Reynold夫妻の娘・Ines(イネス)、昨年亡くなったDavid Bowie(デイビッド・ボウイ)などがランキングに影響を与えているようです。

2017年にホットな名前 トップ10

Namesberryが発表した、「2016年1月と比べ、2017年1月に最も検索数が上昇した赤ちゃんの名前」の実際のランキングは以下の通りです。

順位 女の子の名前 男の子の名前
1位 Tatjana (+1508%) Kyd (+4141%)
2位 Tahiti (+551%) Benajah (+2300%)
3位 Moana (+467%) Sulien (+1656%)
4位 Ines (+338%) Koa (+322%)
5位 Seren (+239%) Gunther (+307%)
6位 Rosamund (+237%) Cassian (+191%)
7位 Alisha (+178%) Beauregard (+147%)
8位 Samara (+155%) Albie (+120%)
9位 Lilian (+124%) Issac (+114%)
10位 Kyra (+124%) Lucien (+87%)

「検索数上昇ランキング」なので、「人気ランキング」で見られるような馴染みのある名前が少ないですね。

なお、オリジナルの記事(英語)の方に行くと、トップ25までのデータを見ることができます。気になった方は、是非確認してみてください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛アドバイスへ 人気ブログランキング ←応援おねがいします!