「ダーリンは外国人」を久々に読んでみて


みなさんは、小栗左多里さん著の「ダーリンは外国人」を読んだことがありますか?

私は高校生か大学生の頃に一度読んだことがあったのですが、先日久々に読みたくなって再び読んでみました!

私はまだ2までしか読めていないのですが、お子さんが生まれてからの話とか、ベルリンに移住した話とかもシリーズ化されているみたいですね(いつか読んでみよう…!)。

そんな「ダーリンは外国人2」の巻末には、『ダーリンが外国人な人に聞きました!あなたのダーリンについて教えて下さい!』というミニコーナーがついているのですが、設問がおもしろそうだったので、今日は私もここで勝手に回答してみたいと思います。

Q1. ダーリンの言動で驚いたことを教えて下さい

私の感度が低いのか、はたまたロビンが日本人化しすぎているのか、「驚いた」レベルの出来事でパッと思いつくものがないのですが、文化的な違いを感じた点で言うと

  • 残業はしないのが普通
  • キャリアは30代になっても(それ以降も)変えられるのが普通
  • バレンタインはロマンティックなディナーデートへ行く(そしてプレゼントは双方向)
  • すでに遺言を準備していて、数年ごとにアップデートしている

といったところでしょうか。

特に最後の項目は、よく考えると私結構驚いていたかも。
ロビンが「両親が遺言を書き換えたから、自分もそのタイミングで書き換えたんだ〜」という話をしていて、「え、遺言?!もう?!」と思いました。
あれ、もしかして私が気付いていないだけで、日本でも20代で遺言書くのって割と普通だったりしますか…?

Q2. ダーリンがお気に入りの日本語は?

「お気に入りの日本語」について聞いたことはないのですが、好きな漢字は聞いてみたことがあります。

その時返ってきた答えは

「…うーん、特にない!」

でした。(笑)
特にないんかい!とちょっとがっかりしましたが、その後「じゃあメリノの好きな英単語はなに?」と聞かれ、すぐに答えられなかったので、まぁそんなもんかなと思っています。

あとは、お気に入りかどうか確認したことはないのですが、日本語のオノマトペが好きみたいです。
一度、

ロビン「あの、笛の音のオノマトペなんだっけ…?」
私「笛の音?ピー?」
ロ「違う…。んーー…あ!ぴひゃら〜?(正解は「ピーヒャラ」)」

と言ってきたことがあり、それで私が爆笑したため、たまに思い出したときに「ぴひゃら〜」と言って私を笑わそうとします。
ちなみになぜ学校で笛の音のオノマトペを習ったのかは、今も謎です。「ピーヒャラ」なんて小学生以来聞いたことないよ…。

Q3. ケンカの理由を教えて下さい

私たちは、これまで派手な大ゲンカはしたことがないのですが、たまにちょっとした言い合いをすることがあります。
これまでにあったケンカ(と呼べるくらいの大きな言い合い)のテーマはというと、

  • ロビンが将来を楽観視する一方、私が心配しすぎる
  • ロビンがロマンティックなムードを作ろうとするのに、私が協力的じゃない

くらいでしょうか。

あまり「国際恋愛だから」というものはないかもしれません。いたって普通のカップルの言い合いですね。

Q4. ダーリンの慣習や好ましく思う点について教えて下さい

上の設問に続きますが、私たちがケンカ(議論?)に陥るとき、ロビンはすぐに話し合って解決しようと試みます。2人の間に漂う険悪な空気を、そのまま放っておくのが嫌みたいです。

一方の私は、イライラすると話したくなくなるタイプ。特に寝る前にケンカになってしまうと、「もう放っておいてー!とりあえず寝させてー!」となってしまいがちなのですが、ロビンは頑張って話し合おうしてきます。
その結果、割とすぐに平和的に解決することが多いです(少なくとも次の日まで持ち越したことはありません)。

2人のベクトルがズレているとケンカになってしまいますし、それをそのまま放っておくと、どんどん2人が違う方向に進んでしまいます。早めに解決を試みる場合、その分だけ解決が容易なのではないかと個人的には思います。

ちょっと話が逸れますが、私たちは外国人同士なので、日本人によくある「直接的に言わなくても分かり合える」というルールが通用しにくい部分があります。なので言葉のコミュニケーションが必須になりますが、直接言葉にすることで思い違い・すれ違いを防げるので、ロビンの「話し合おう」という姿勢にはいつも感謝しています。

Q5. ダーリンが常に疑問に思っていることは?

2人で出かけた際に、「家族や恋人と外出しているのに、スマホの画面に夢中になっている人」を見かけると、「なんで話をしないで、スマホをずっといじっているんだろう?」といつも言っています。

これは私も同意です。せっかく愛する人と外出するなら、その人たちと向き合うことで幸せな時間を過ごしたほうがいいんじゃないかなぁと感じます。
もちろん、「こどもが泣き止まないから、スマホ動画で落ち着かせる」とか「待ち合わせしている相手に遅れることを連絡する」とかは別ですけどね。こどもが話しかけているのにゲームに熱中しているお母さんとか見かけると、寂しくなってしまいます…。

Q6. 外国人なダーリンと過ごすときの心がけを教えて下さい

「外国人な」というところに限定していうと、月並みですが、「お互いの違いを認め合い、寄り添うこと」でしょうか。

あとは、「日本のルールを、無理強いしない程度に教えていくこと」を心がけています。
現在ロビンは日本で暮らしていますが、「郷に入っては郷に従え」を実践してほしいないうのが、私の個人的な考えです。
ただ、異なる国で育った大人に対して「日本ではこうやるから!」と強要しようとしても、「そんなこと言われても、聞いたこともやったこともないし!」と拒絶モードに入ってしまうかなと思うので、なるべくキツくならないようにそっと言葉にするようにしています。

日本には、「食事のときにお茶碗を手に持つけれど、平たいお皿は持ち上げない」とか「そばはすすって食べるけれど、パスタはすすらない」とか、日本で育っていない人にはよく分からない難しいルールがたくさんありますが、優しく教えることで、ちょっとずつ日本のやり方を覚えていってくれたら嬉しいなと思います。

本日は以上です。

最近気づいたのですが、ダーリンは外国人、英語版もあるんですね!

これならロビンも楽しめる!と思い、先日入手しました。

前に私が読んでいた日本語版を覗き見して、「これってどういう意味?」と聞きながら頑張って読もうとしていましたが(ロビンの日本語レベルはN3程度)、読み方を確認したり意味を調べたりしながら進むので、ものすごい時間がかかっていました。それはそれで勉強になるんだと思うのですが、英語版のほうは日本語と英語が併記されているので、もっとストレスなく読めるんじゃないかなと期待しています。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(オージー・NZ人)へ 人気ブログランキング ←応援おねがいします!