国際恋愛・国際結婚を両親に報告するときに気をつけたいこと


国際恋愛をしていることや、国際結婚をしようと思っていること、みなさんは既にご両親に報告されていますか?

今日は「報告はまだだけれど、これからしようと思っている」という方に是非知っておいていただきたい、気をつけるべき点についてお伝えしようと思います。

ご両親はどのような反応を示すでしょう?

みなさんとご両親との関係は、みなさんが生まれたときから始まり、今日に至るまで続いていることと思います。ということは、あなたがこれまで出会った中で、「知り合ってから一番長い期間が経っている」のがご両親ですよね。

しかしそれだけ親しい間柄でも、交際や結婚を報告する前に、ご両親がどのような反応を示す可能性があるか、事前によく考えることをお勧めします。

ご両親とのコミュニケーションの取り方は人それぞれだと思いますが、例え同じ屋根の下で暮らしていて、普段同じようなものを見聞きしていたとしても、あなたとご両親は別々の人間です。
あなたの経験してきた事柄を、ご両親もすべて体験しているわけではありません。すなわち年を追うにつれて、同じ家族内でも価値観に違いが出てくるということです。

あなたの選んだお相手は、ご両親の想像や期待と同じではないかもしれません。
特に国際恋愛や国際結婚される方は、昔より一般的とはいえまだまだ少数派です。あなたの国際恋愛に対し、「なんで日本人じゃないの?」「職は本当に安定しているの?」と危機感や不信感を覚える親御さんもいらっしゃいます。

またあなたが「素敵だ」と思っている相手の長所を、ご両親も同じように受け止めてくれるとも限りません。例えば「他国に出て積極的な転職でキャリアを築こうとしている点」は、素敵な長所とも言えますし、見方を変えれば「無鉄砲」と取れなくもありません。

ただしここで言いたいのは、「国際恋愛・結婚は認めてもらうことが難しい」ということではなく、国際恋愛・国際結婚に対する価値観は、同じ家族内でも違う可能性があるということです。

その価値観の違いにより、「国際恋愛・結婚なんて心配…」というリアクションをされてしまうこともあるかもしれません。
しかしご両親が何より気にしているのは、「あなたが交際相手と一緒に幸せに過ごしていけるのかどうか」という点に尽きると思います。もしもご両親を驚かせることになってしまったとしても、まずはこのことがきちんと伝わるように報告することを心がけ、ご両親を安心させてあげるようにすることが大切です。

ご両親と別々に暮らしている場合には

またご両親と離れて別々に暮らしている場合、特に交際相手に関する情報を伝える機会は限られると思います。
「次に実家に帰った時に、交際相手・結婚相手のことについて話してみようかな」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、その前に少しだけ、どれだけの情報をどのタイミングで報告するのがベストか考えてみてください。

ご両親と離れて暮らしている間、あなたは交際している方と一緒にいろんな場所に出かけて、夜更かししながら語り合って、たくさんの素敵な思い出を作ってきたことと思いますが、ご両親は同じ時間をかけてお相手のことを知ることができるわけではありません。

もし仮にあなたが、実家に帰ったタイミングで交際相手の情報を一気に開示する場合、ご両親はあなたが数ヶ月の時間をかけて体験してきたことを、わずか数時間で受け入れなければならなくなります。その際に短時間で受け入れられないような、ご両親の想像を超えた相手であることが発覚した場合、大きな拒否反応を示されるきっかけになってしまうかもしれません。

「自分の選んだ相手を認めてほしい」というのが、みなさんの本音だと思います。しかしそのためには、何も急いですべての情報を伝えなければならないわけではありません。
特に報告のときにネガティブな感情を抱いてしまうと、その後交際や結婚を認められたとしても、なんだか少しモヤモヤした気持ちが残ることがあります。

もし伝える内容によってご両親を驚かせてしまうかもしれないと感じる場合には、事前に言葉を選び、少しずつ、ゆっくりと時間をかけて理解してもらうように心がけることで、過剰な拒否反応を可能な限り避け、心から祝福してもらえる状態に近づけていきましょう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛アドバイスへ 人気ブログランキング ←応援おねがいします!