愛してる…でもちょっと待って!国際結婚する前に最低限冷静に考えておくべきこと


国際恋愛を楽しんでいる方が、次のステップとして考えるのは「国際結婚」でしょうか。

大好きな人とずっと一緒にいられるのは幸せなことですよね。でも、婚姻関係を結ぶことで一体どんな変化が訪れるか、みなさん深く考えたことがありますか?国際結婚ともなると、やはり日本人同士の結婚とは違うのでしょうか?
特に結婚したことがない人の場合、イメージが沸きずらく、疑問や不安を感じるかもしれません。

今日は国際結婚する前に考えておきたいことについて、詳しく見ていきましょう。

結婚ってなんだろう?

そもそも結婚する意味って、一体何なんでしょう?

結婚は、人生において必ずしなければならないものではありません。
現代には、多様な生き方が存在します。生涯独身のほうが気ままに生きようと、結婚して家庭を築こうと、本人の自由です。
また国によっては、フランスのパクスのように、結婚とは違った「カップルの関係」を認めてもらえる場合もあります。

仮にもしこどもを持たずに2人だけで生活しているなら、わざわざ結婚しなくても、生活は大して変わらないように思えてきます。
婚姻関係があってもなくても、大好きな人と一緒に時間を過ごして幸せを感じることは可能です。むしろ海外に目を向けて見ると、結婚していないけれどこどもがいるカップルも大勢います。

では、なぜ世の中の人は「結婚しよう」と決意するのでしょう?パートナーと結婚したとしても、はたして本当に何も変わらないのでしょうか?

日本では「婚姻届」という紙切れ一枚を提出するだけで、夫婦になることができます。
結婚しても2人の日常は大きく変わらないかもしれませんが、社会的・法的には大きく異なります。こどもに対する義務を負ったり、婚姻中に得た財産を共有したり、遺産を相続できるようになったりします。

夫婦とは、「家庭を運営する、小さな経済共同体」なのです。結婚をすることで、その経済共同体としての責任を負うことになるのです。

結婚は義務ではありません。責任も伴います。よって「それでも結婚したい!」というからには、何かしらの強い動機があるべきです。

・2人がカップルであるということを、世の中に正式に認めてもらいたい
・自分が努力して手に入れた給料や家などの資産を、パートナーと共有したい
・死ぬまでパートナーに添い遂げるということを誓う証にしたい

理由はなんであれ、「紙切れ一枚の提出では何も変化がおきない」というわけではないことを認識しておきましょう。

生活費や貯金のこと

日本では、お金の話を公ですることは割とタブー視されていますよね。
でも結婚するからには、パートナーとの間では避けて通れない話題です。

日本では、「住居費は給料の3割以下が目安」とか「老後は年金だけだと苦しいので、3000万円は貯金すべき」とか、お金に関して目安となる数字が存在します。
でもそれは日本国内だから言えることであって、海外では同じではないはずです。

パートナーの国ではどうでしょう?

食べ物は安いけれど、住居費にすごくお金がかかるかもしれません。
電車移動は稀で、車を1人1台持つのが当たり前かもしれません。
税金が高い代わりに医療福祉が充実しているかもしれません。
経済が不安定で職が安定しないので、普段はあまり使わずに貯金に回しているかもしれません。

お金の使い方は個人の自由です。しかし、どのように使うかはこれまで生きてきた環境に大きく左右されますし、いきなり変えることは難しいものです。年金制度が充実していて貯金をする習慣がないパートナーとあなたとの間で、家計の支出に対する考え方は同じではないでしょう。

日本で育った人と海外で育った人、価値観は違って当前ですが、先ほども言ったとおり夫婦は経済共同体です。

どのように使い、どのように貯め、どのように増やすのか。
切り出しにくい話題ではありますが、早いうちに話し合っておかないと軌道修正が難しくなることが予想されます。
普段の生活スタイルからだけではわからない部分もあるはずですので、思い切って一度意見を聞いてみておいたほうが良いでしょう。

キャリアのこと

日本では、新卒で入社した会社で定年まで働く人が多いでしょうか。あるいは結婚・出産を機に退職したり、転職したりする方もいらっしゃるでしょう。

しかし、日本で数年ごとに転職してキャリアアップするというのは、まだあまり一般的でないような気がします。

もし仮に、パートナーと結婚して海外に移住することになったとしたら。
また仮に今すぐ移住しなかったとしても、こどもの教育や親の介護の都合で移住という選択肢が浮上したとしたら。
仕事をしている人は、ほとんどのケースで転職を余儀なくされることになるでしょう。

これまで一度も転職について考えたことのなかった人は、「自分なんかに転職なんてできるんだろうか」と大きな不安を抱えることになるかもしれません。
もしも成果主義であったり、転職によるキャリアアップが当たり前な国で働くとなると、日本の企業で働いているときのような「安心感・安定感」は得られないかもしれません。

今まで日本で働いた経験は、海外に行っても活かせそうでしょうか?
日本語以外の環境で仕事をしなければならなくなっても、やっていけそうでしょうか?

幸いなことに、海外では(国にもよりますが)転職によるキャリアアップや、途中で学校へ行き直すことによるキャリアチェンジが日本よりももっと一般的です。
なので心配しすぎる必要はないと思いますが、今のうちにあらゆる可能性を考慮し、

・もしも相手の国や別の国に行くなら、どのような仕事ができそうか
・今のうちにできる情報収集やスキルアップの手段はないかどうか

などを事前に考えておくと、少しは安心なのではないかと思います。

居住地のこと

国際結婚をするとなると、死ぬまでずっと日本から出ないということは珍しいと思います。
パートナーの出身国へ定期的に里帰りすることはもちろん、長期で滞在したり、結婚直後やこどもの出産を機に海外に移住することだって、割と起こり得るシナリオです。

みなさんは、パートナーの出身国に住むイメージをしたことがありますか?
またはパートナーが日本に住むイメージをしたことがありますか?

当たり前ですが、日本と海外では慣習や文化が違います。また海外旅行で訪れるのと実際に住むのとでは、得られる感覚が違うはずです。
旅行のときは「のんびりした国でいいなぁ」と思っていたとしても、実際に住むとなると何もなくて毎日暇でしょうがないかもしれません。
また若いうちは海外で暮らしを楽しめたとしても、定年後に突然日本が恋しくなる可能性もあります。

2人の居住地を決めることは、人生を大きく左右するポイントです。

先々のことがまだわからないのはもちろんですが、その時々で2人で話し合って決めることができそうでしょうか。
また「どちらに住んだら、どういう生活が待っている」というのを、お互いにイメージできていますか。

ここがクリアできないと、お互いにストレスを溜めるだけです。よく確認しておきましょう。

こどもの教育のこと

将来こどもができたとき、みなさんは日本で育てたいですか?それとも海外で育てたいですか?

教育システムは、もちろん国によって千差万別です。
義務教育が無料の国もあれば、日本のようにある程度の学費がかかる国もあります。
また大学入試が一切ない国もあれば、受験戦争に勝たないといい仕事に就けない国もあります。

こどもをどこで育てるかでパートナーと議論になることもあるかもしれませんが、どちらかというと「どのような教育を当たり前と思っているか」の違いによって、話が食い違うことのほうが多いような気がします。

お互いの国の教育システムを一度確認して、相手がどのような教育を受けてきたのかを理解するよう努めましょう。

老後のこと

まだ結婚もしていないのに!老後なんてまだまだ先じゃん!と思う方もいらっしゃるかと思います。

でも、もし今のパートナーと末長く一緒にいたいなら、年をとった後のことを考えるのは自然なこと。
仮に日本人同士なら、年金制度や医療制度などの仕組みについて共通認識をもっているはずなので、特別話し合う必要はないかもしれません。

しかし国際結婚の場合は違います。

パートナーの出身国と日本とで、年金や医療制度がどのように異なっているか把握していますか?
もしかしたら、パートナーの国には年金制度がなくて、貯金をもっと頑張らなくてはいけないかも。
あるいは福祉制度が手厚く、もともと貯金する習慣があまりない国民性という場合もあります。
また定年後にどちらの国に住むかという議論も、いつかは避けて通れないはずです。

今はまだはっきりとしたビジョンが見えなかったとしても、一度2人で話し合うか、気になる場合は相手の国の制度について自分自身で調べてみると良いでしょう。

国際結婚には覚悟が必要

国際結婚は、日本人同士の結婚とはどうしても異なる部分が存在します。
お互いの習慣や考えが違ったり、当たり前だと思っていたことがそうでなかったり、ときに粘り強い話し合いが必要になることもあるでしょう。

ただ、厳しく感じるようなことを散々書いてきましたが、ポジティブにいうならば、2人の前には本当にたくさんの可能性と選択肢が広がっているということです。
日本人同士の結婚では見えなかった、新たな幸せや価値観を見つけられるかもしれません。

目の前に広がるどの道を選ぶのも、あなたとパートナー次第。大切なのは、幸せな未来に向けて、2人一緒に話し合っていくことです。

また最後になりますが、日本では「結婚は家同士のこと」という考えが根強いので、2人で相談して決めたことは、両親にもきちんと報告してあげるとよいでしょう。
「理解してもらうのに時間がかかる」なんてこともあるかもしれませんが、密なコミュニケーションは円満な家族関係を築きます。焦らずに時間をかけて、2人一緒にいると幸せであるという旨を伝えていきましょう。

結婚したいと思える相手を見つけたなら、できるだけ長くその幸せをキープしたいもの。そのためには、まず結婚する前にこれらのことに目を向け、2人の意識を合わせておくことが重要なのではないでしょうか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛アドバイスへ 人気ブログランキング ←応援おねがいします!